Works 2017年

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 STFF-Sのクライマックス!が佐世保会場で行われました!

8月に始まったSTFF-Sのクライマックス!
佐世保市のみなさんおよそ1,000人のみなさんにご来場いただきました。
2017年4月1日に作品募集を始め北海道から沖縄まで全国より集まった123作品(30分以内)の短編映画の中から1次審査、二次審査を勝ち抜いたゴールデンバーガー賞ノミネート10作品が、10月10日に東京・渋谷で決定!
10月29日にCLIMAXの地、佐世保へ進出。佐世保市中央公民館でその10作品が上映されました。どの作品の上映にも100人を超えるお客さんにご来場いただきました。
朝長則男佐世保市長、俳優の別所哲也氏(審査員)、渋谷センター商店街:小野寿幸理事長、させぼ四ヶ町商店街:竹本慶三理事長からの挨拶も行われました。
上映後には、佐世保三ヶ町商店街にて各作品の出演者・関係者によるレッドカーペットパレードが行われました。各賞ノミネートの皆さんには佐世保バーガーを持った唐子がデザインされた佐世保の伝統工芸品「三川内焼」のお皿(速見義徳さんの作品)が贈呈されました。さらに各賞に輝くと「三川内焼」のカップが贈られました。作品賞の第1位ゴールデンバーガー賞は「なぎさ」が獲得しました。
司会は、西山耕平NCC長崎文化放送アナウンサー、
イメージキャラクターの鈴原ゆりあさん、川井優沙さん。
works_20171029_01_340
works_20171029_02_340

 

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 渋谷区文化総合センター大和田6F伝承ホール

10月10日、東京・渋谷区文化総合センター大和田6F伝承ホールに一次審査を勝ち抜き二次審査:8月21日〜24日の渋谷ユーロライブで行われた一般上映審査を戦った40作品の皆さんに全国より大集合していただきました。
CLIMAXへ進むゴールデンバーガー賞ノミネート10作品の発表→表彰→上映→最終審査が行われました。
審査員は、TCエンタテインメント社長:小玉滋彦氏、
フェローズ社長:野儀健太郎氏、俳優の別所哲也氏。
また、実行委員会の渋谷センター商店街の小野寿幸理事長からの挨拶もありました。
さらに第2回のSTFF-Sオリジナル短編映画男性主役オーディションファイナリスト10人の紹介と合格者発表。
オリジナル作品「さいごのわがまま」「どまんなか!」「それここで言うこと?」の上映・舞台挨拶も行われました。
司会は、三又又三氏、イメージキャラクターの鈴原ゆりあさん、川井優沙さん。
works_20171010_340

 

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 渋谷ユーロライブ4日目! 4日間で2303人を動員!

1次審査合格40作品の上映・舞台挨拶
そして、CLIMAXの佐世保行きを決める2次審査が行われました。
北海道から沖縄まで40作品の関係者のみなさんに渋谷ユーロライブにお集まりいただきました。
4日間の観客動員数はなんと2,303人!
works_20170824_340

 

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 渋谷ユーロライブ3日目!

 
works_20170823_340

 

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 渋谷ユーロライブ2日目!

 
works_20170822_340

 

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 渋谷ユーロライブ初日!

 
works_20170821_340

 

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 STFF-Sオリジナルブランデッドショートを制作しました!
セレス高田馬場「それここでいうこと?」(13分/2017年/日本)

STFF-Sが制作に挑戦したSTFF-Sオリジナル・ブランデッドショート
セレス高田馬場「それここで言うこと?」をご紹介します。
 
高田沙希(30)は、初恋の相手と結婚する。
事件は、結婚式のクライマックスである指輪の交換の時に起きたのでした。
え!それここで言うこと?
 
『それここで言うこと?』
東京都新宿区にある結婚式場セレス高田馬場が
ブランディングのために発信する娯楽映像作品。
「地元の結婚式も素敵だよね!」ということで、セレス高田馬場の
ある東京・高田馬場を舞台に撮影された地域振興作品でもある。
 
【上映スケジュール】
2017.10.10「セレス高田馬場」HP上、他でのWEB公開(無料)
10.10 渋谷区文化総合センター大和田6F 伝承ホール にて
スペシャル上映(無料)・舞台挨拶(予定)
10.29 長崎県佐世保市 シネマボックス太陽にて
スペシャル上映(無料)・舞台挨拶(予定)
 
《キャスト》
永楠あゆ美、木村龍、原涼子、萩原壮志
《脚本・監督》
四季涼
《制作》
佐世保映像社
《制作協力》
パシフィックボイス
《製作著作》
セレス高田馬場
works_20170819-3_340

 

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 STFF-Sオリジナルブランデッドショートを制作しました!
はかた一番どり「どまんなか!」(11分/2017年/日本)

STFF-Sが制作に挑戦したSTFF-Sオリジナル・ブランデッドショート
はかた一番どり「どまんなか!」をご紹介します。
主人公の上田梓は 20 歳の女子大生。福岡出身で現在は東京で一人暮らし中。
第一話の「夏編」では、梓の「人生初の〇〇」という節目がやってくる。
人生の節目。いつもそこにあるものとは?
 
『どまんなか!』は創業 70 周年を迎える福岡県古賀市にある
(株)あらいが自社の商品である「はかた一番どり」の広報ツール
としてSTFF -Sとタッ グを組んで制作した連続ブランデッドショートです。
STFF -Sが制作した記念すべきブランデッドショート第一弾となります。
 
【上映スケジュール】
2017.10.10「はかた一番どり」HP上、他でのWEB公開(無料)
10.10 渋谷区文化総合センター大和田6F 伝承ホール にて
スペシャル上映(無料)・舞台挨拶(予定)
10.29 長崎県佐世保市 シネマボックス太陽にて
スペシャル上映(無料)・舞台挨拶(予定)
 
《キャスト》
塗木莉緒、大和孔太、小池亮介、川久保晴、勧修寺保都
《脚本・監督》
堀江貴大
《制作》
佐世保映像社
《制作協力》
パシフィックボイス
《製作著作》
(株)あらい
works_20170819-2_340