STFF-S 3rd 毎月上映会 6月(入場無料)

渋谷
会場
日時:2019年6月8日(土) 19:00~21:00(18:45開場)
会場:渋谷区文化総合センター 大和田 学習室1
MC:武イリヤ / 笈川健太

佐世保
会場
日時:2019年6月16日(日) 第1部 11:00~(約90分)
              第2部 14:00~(約90分)
会場:佐世保市博物館島瀬美術センター

サヨナラ、いっさい

8min.

ママはボクを連れて遠くへ行くらしい。
パパと上手くいっていないからだ。
新幹線に乗って叔父さんのところで過ごしたボクは今までの人生を振り返ってみる。
いっさいのボクが見たいっさいの世界。

STFF-S 1st First Selection(1次合格作品)

監督:渡邉高章

日本大学藝術学部映画学科卒業後、映画やTVドラマの演出部、制作部を経て、現在は「ザンパノシアター」で映像制作を続けている。二児の父であり、近作には家族や子供をテーマにした作品が多く、一歳の子どもを主人公にした『サヨナラ、いっさい』は全国20箇所以上の映画祭で上映され、複数の受賞を果たした。

 

くゆるひ

23min.

30歳を過ぎ売れない俳優を続けていた笹原は、昔鬼才と呼ばれていた、喜多村監督の新作に抜擢される。
廃倉庫に1ヶ月近く軟禁されながらの理不尽で横暴な喜多村の指導にやがて身も心も崩壊していく笹原だったが……。

STFF-S 1st NOMINATE10

監督:宮原周平

ニューシネマワークショップで映画製作を学ぶ。
ドラマ、映画の制作部を経験後、映像集団GMC(Grand Master Company)他で自主制作を中心に活動。

 

リトル

28min.

怪獣好きの少女・あずみは、怪獣の子どもと出会い、「リトル」と名付ける。
友人の助けを借り、育てていたが、リトルは突然、姿を消した。一週間後、街に「巨大生物」が出現。しかし、あずみの前に現れたのは――。

STFF-S 1st First Selection(1次合格作品)

監督:名久井晨

特撮作品を見て育ち、映画・映像作りに興味を持つ。
中学生で短編映像作品を作り始め、日本大学芸術学部映画学科監督コースを卒業。東映東京撮影所の美術部に所属。

 

がんぱれ!

19min.

ドラマ制作会社AD九里栄太(23)毎日撮影現場で奮闘中。上司のプロデューサーは、部長の腰巾着。
おかげで毎日が理不尽な事だらけ。そんな彼にある出来事が降りかかる。……仕事やめるの?続けるの?

STFF-S 2nd BRANDED SHORTS

監督:四季涼

1967年佐世保市出身。STFF-S実行委員長。
テレビのバラエティー番組「すんげーBEST10」「千千原原」「ワチャチャTV」 「閉まる自動ドア」など演出。「ブルブルアンタッチャブル」「R30」「ゴッドタン」連続ドラマ「ダブルトーン」などプロデュース。映画「ヒトリマケ」「メンゲキ」監督。短編「それここで言うこと!」「ばんぱれ」など脚本・監督

 

ラブ・コネクト

14min.

家のリビング。スマホで映画を観ていた主人公のマユコ(23) が、お母さんの掃除機の音がうるさい!と、二階へ上がる。
二階ではwi-fi が切れて動画が止まってしまう。次の瞬間マユコは観ていた映画の中に迷い込んでしまう。

STFF-S 2nd BRANDED SHORTS

監督:GAZEBO

1978年生まれ、静岡県御殿場市出身。映画、ドラマの美術スタッフ・助監督、CMプロダクションのプロダクションマネージャーなどを経て、現在はCMやWebムービーなど広告映像を演出している。趣味は深夜ラジオを聴くこと。